チェロ、作編曲、ストリングスプロデューサー

Kotaro Kobayashi

小林幸太郎

1991年1月28日
千葉県出身

桐朋学園大学音楽学部弦楽科チェロ科首席卒業。同年卒業演奏会に出演。
泉の森チェロコンクールにてコンクール史上最初に全部門に優勝。
その他全日本学生音楽コンクール、モーツァルト国際室内楽コンクールをはじめとする多数のコンクールに優勝、入賞を果たす。
霧島国際音楽祭、東京・春・音楽祭、別府アルゲリッチ音楽祭、宮崎国際音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ音楽祭、プロジェクトQ、JTが育てるアンサンブルシリーズ等の国内の音楽祭、その他アメリカ、イタリア、ドイツ、フランス各国の音楽祭に出演、楽曲の提供を行う。
チェロを倉田澄子氏に師事。室内楽を堤剛、古川展生、銅銀久弥、加藤知子、藤井一興、藤原浜雄の各氏に師事。
桐朋学園チェロアンサンブルの常任アレンジャー、コンサートマスターを経て、現在チェリスト、作編曲家として国内外多数のアーティスト、団体と共演。音楽制作に携わってる。
これまでにミッシャ・マイスキー、堤剛、宮田大をはじめとするチェリスト、徳永二男、高嶋ちさ子、高木和弘をはじめとするヴァイオリニスト、NHK交響楽団、東京都交響楽団、読売日本交響楽団を始めとする国内多数のプロオーケストラ関係者のアレンジ楽曲を制作している。

堤剛氏による委嘱作品「Nagi」をサントリーホールブルーローズにて世界初演。好評を博す。

クラシック以外の分野ではNHK、日本テレビ、テレビ朝日をはじめとするテレビ番組への楽曲提供および出演、各種CMや映画、ゲーム音楽等のレコーディング、制作に携わる。
現在ミニケストラ株式会社音楽監督、Paulownia cello Quartet、高嶋ちさ子withスーパーチェリスツ メンバー、アレンジャーとして活動。

ストリングスチームのプロデュースも手掛け各種レコーディングも行っている。

02

PROFILE